LINE WORKSのはじめ方

お役立ち情報

個人版のLINEは便利ですが、仕事で使うならLINE WORKSをお勧めします。LINE WORKSは無料で始められます。

より機能の多い有料版(ライト、ベーシック、プレミアム)もありますが、無料版でも十分な機能が使えます。

公式サイトの「初心者ガイド」もご参照ください。

初心者向けガイド - LINE WORKS
ビジネス版LINE「LINE WORKS(ラインワークス)」ならチャット機能はもちろん、メール、カレンダー、ファイル管理など、グループウェア機能も使えます。PCだけでなくスマホでもフル機能が使えるので、働き方改革に有効です。

LINE WORKSアカウントの新規開設

早速、登録していきましょう公式サイトの右上にある「無料ではじめる」をクリックします。

https://line.worksmobile.com/jp/

LINE WORKSのアカウントは組織ごとに作るのと良いでしょう(大きな組織の場合は部門でもいいかもしれません)。管理者はあとで変更することができます。

会社名(団体名)を入力します。

会社名を入力

業種を選択します。該当するものがなければ「その他」を選択すればOKです。

業種を選択

名前を入力します。

携帯番号を入力して、認証番号を送信します。

認証番号はSMS(ショートメッセージ)で送られます。届いた認証番号を入力します。

メールアドレスを登録します。あとで登録することもできます。

仕事仲間にLINE WORKSの招待メールを送れるので、登録しておくと良いと思います。

携帯電話の番号を入力する画面にある「別の方法で新規作成」を選ぶと、ログインに使用するアカウントとパスワードを入力する画面になります。LINE WORKS側から推奨されたID、グループ名が入っていますので、そのまま使ってもいいですし、変更しても構いません。

IDには名前、グループには会社名をアルファベットで入れるといいでしょう。

IDは管理者があとで変更することもできます。最高管理者はグループ名を変更することができます。

LINE WORKアカウントの解約

LINE WORKSアカウントの解約をする場合のことを見ておきましょう。

LINE WORKSアカウントの解約は「管理者」が行います。

管理者がログインし、右上の名前アイコンから「管理者画面」を開きます。

管理者画面の左メニュー「基本設定」に「LINE WORKSの解約」があります。

管理者のパスワードが必要になりますので、未登録の場合は先にパスワードの設定をします。

有料アカウントの場合は精算手続きが発生することがあります。

外部LINE WORKSユーザーとのトーク

公式サイトの説明

「環境設定(歯車ボタン)」の「外部ユーザーとのトーク」にある以下の項目のいずれかを使用して外部LINE WORKSユーザーの情報を登録します。弊社担当者のトークID等については直接担当者にお尋ねください。

  • トークID
  • 招待用リンク
  • QRコード

外部の個人LINEユーザーとトークするときは、相手に先に友達登録してもらう必要があります。LINE WORKSユーザー同士であれば無料通話が可能ですが、外部の個人版LINEユーザーとは無料通話はできません。

 

外部LINE WORKSユーザーとのグループ

公式サイトの説明

外部LINE WORKSユーザー(例:弊社担当者など)とは「グループトークルーム」を作成して、やりとりすると便利です。ノート、予定、フォルダー機能が使えます。(メーリングリストはベーシックプラン以上でないと使えません。)

外部のグループと共有ストレージを使用する場合、そのグループを作成したメンバーが所属しているテナントの共有ストレージから容量が使用されます。

弊社担当者がご依頼者様からのご依頼に対応する場合は、ご依頼者様にてグループトークルームを作成していただき、そこに弊社担当者が招待を受けて参加させていただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました